TOP

E-Learningについて

E-learning のご案内

 

受講希望の方は下記からおはいりくだい。

E-learning はこちら

 

「院内救急システム:RRS~医療安全を変えるシステム~」シリーズ

(1) 院内は本当に安全なのか? ~RRSの考え方と実際~(60分)
奈良県総合医療センター集中治療部 部長  安宅 一晃
(2)

RRS最新のエビデンス (55分)
聖マリアンナ医科大学救急医学集中治療部 藤谷 茂樹

(3) Rapid Response System~北里大学病院の取り組み~ (40分)
北里大学病院 RST/RRT室 集中ケア認定看護師 森安 恵実
(4) Rapid Response Systemの機能(仮タイトル)(50分)
北里大学病院 集中治療センター 小池 朋孝
(5) In Hospital Emergency in Japan
(Rapid Response Systemオンラインレジストリ) 報告(40分)
東京ベイ・浦安市川医療センター 内藤 貴基
(6) 院内心停止レジストリー(40分)
静岡県立総合病院 高度救命救急センター 三宅 章公

※( )内の時間には、15分間のテスト時間を含みます。

デモ版はこちらから

 

<アンケート結果>
(1)院内急変対応チーム
(2)RRS起動例とノンテクニカルスキル
(3)気づき/要請levelと対処〜要請側と対応側の教育〜
(4)院内急変対応-院内教育-
(5)Rapid Response Systemの構成と問題事例
(6)周術期院内急変
(7)院内急変対応について〜院内心停止の全例登録から見えてくるもの

※受講料:¥5,000(税抜き)
受講期間:6ヵ月
教材:PC・タブレット端末・スマホ対応

一般社団法人 集中治療医療安全協議会