TOP

人工呼吸器非同調・経肺圧・呼吸仕事量セミナー

CCPATでは、人工呼吸器非同調・経肺圧・呼吸仕事量セミナーを開催しております。

①患者・人工呼吸器間の非同調の認識と対策
②経肺圧(気道内圧と食道内圧の差)の臨床応用
③数値化された呼吸仕事量の臨床応用

この3つのトピックは、今後の人工呼吸器管理の中心的なテーマになっていくことが予想されます。これらのトピックは臨床的には以下の様に単純化できるかもしれません。

①患者の呼吸と人工呼吸器が合ってない状態にどのように気づき、どのように対処するか? 
②経肺圧を用いてARDSをこれ以上悪化させないための設定をどの様に見つけるか? 
③患者が苦しそうな時やウィーニングの時に患者の呼吸努力を数値化して臨床の役に立てることは出来ないか?

これらの疑問を解決するために必要な知識とヒントが満載のセミナーを開催いたします。

初学者でも理解できるように基本的な内容から説明します。

座学だけではなく、自発呼吸ができる人工肺を用いて、経肺圧や呼吸仕事量を理解するための様々なシナリオを再現するため、感覚的にも分かりやすい内容になっています。また、経肺圧および呼吸仕事量と密接に関連したPAVなどの新しい呼吸器モードの考え方を分かりやすく説明いたします。奮ってご参加下さい。

 
注:非同調と経肺圧の部分については、午前の部で過去のセミナーと重複している内容がございます。以前にこれらのセミナーに出席された方は、ご了承の上、その部分は復習としてご参加下さい。
 
開催情報

 

●セミナー例 (第1回)
 (※以下、盛会にて終了いたしました。参考情報として掲載しています)

【日時】2016年9月10日 (土) 
【時間】9:00-16:30
【場所】TKP大阪淀屋橋カンファレンスセンター
大阪府大阪市北区北区中之島2丁目2−2 大阪中之島ビル B1F
【対象職種】医師、看護師、臨床工学士、その他人工呼吸器に興味がある方
【募集人数】120名(定員になり次第締切)
【受講料】10,000円

【講師】
則末泰博(東京ベイ・浦安市川医療センター 救急・集中治療科 集中治療部門)
内藤貴基(東京ベイ・浦安市川医療センター 救急・集中治療科 集中治療部門)
片岡 惇(東京ベイ・浦安市川医療センター 救急・集中治療科 集中治療部門)
宇佐見直(東京ベイ・浦安市川医療センター 救急・集中治療科 集中治療部門)
高田順子(東京ベイ・浦安市川医療センター 救急・集中治療科 集中治療部門)
竹内宗之(大阪府立母子保健総合医療センター 集中治療科)
大下慎一郎(広島大学大学院 医歯薬保健学研究院 救急集中治療医学)

【セミナー責任者】則末泰博
東京ベイ・浦安市川医療センター
救急・集中治療科 集中治療部門部長  呼吸器内科 部長

【共催】アイ・エム・アイ株式会社

 

一般社団法人 集中治療医療安全協議会